産休・育休中に資格取得や勉強は無理?企画職の私が取った資格と勉強したこと一覧

育休は、何年何年も毎日働き続け、やっと一息つける時間。

私は商品企画の仕事がめっちゃ好きながらも、育休に入る日を指折り数えていました…!

もちろん育休=育児休業で、育児休暇ではない。育児は楽しくて幸せな体験である反面、仕事以上に大変な仕事でもある…

それでも、「仕事」というものから一旦すっかり離れられて、私はとってもリフレッシュになりました!

子どもとの今この時間は、本当に今だけ。なので、育休中何をすべきかって言われると、もちろん子どものことが1番!

昼寝中に家事して資格の勉強して… っていうのもいいけど、ただただ子どもの寝顔を見続ける時間だけでも十分素晴らしい!!

事実、私は(娘のそばにいないとすぐ起きるっていう理由も大いにありつつ 笑)、子どもが昼寝してるときは大体横でごろごろして、という過ごし方をしてました。

といいつつ、育休中に資格取得と勉強もしました。株式投資の勉強したことで収入も得られました!笑

私の場合は、集中して資格の勉強したのが3ヵ月パソコン教室にほぼ週1で通ったのが3ヵ月

結果、今まで抱えていたコンプレックスが解消されたり、少し自信ができたと実感しています

そして職場復帰して5ヵ月経った今、多かれ少なかれ、仕事にも活かされています!

目次

資格取得も勉強も可能!ただし焦らず時期を見極めよう

さて、タイトルの結論。

資格取得も勉強もできます!ただし、子どもの性質によります。そして、時期(子どもの月齢)にも大きく左右されます!


私ははじめこの事実に気付いておらず、まったく自分の時間が持てないことに、そして先が見えないことに不安や焦りを感じていました…

どのお母さんも言わはりますが、子育てはいつも大変。大きくなったらなったで、また新たな大変さが出てくると。

やってみると、ほんまにその通りなんです。

なので、育休中の資格取得や勉強は、子どもの成長段階の時々で、手が(比較的)かからない時期を狙って短期集中で行うのがベストです!

そして、子どもの性質やったり成長スピードは個人差が大きいので、自分が思うように進まなくても焦ったりしないこと。勉強できたらラッキー!くらいに思ってないと、子どもにイライラしてしまったりして、本末転倒の結果になってしまいます。

適した時期がくるまで、隙間時間にやりたいことをぼんやり考えたり、ピックアップしたりしましょう!

こういう時間にこそ普段は見逃してしまいそうな新しい発見があったり、やってみたいことが見つかったりもします◎

商品企画職の私がとった資格と勉強したこと

私の育休中にできた資格取得&勉強の結果は次の通りです。

私の場合はおみやげなど食品を主とした商品企画の仕事をしているので、仕事に直結する資格を2つ、自分の興味のあること2つをやりました!

  1. 食品表示検定中級取得
  2. 英語の勉強再開、TOEIC940点
  3. パソコン教室でIllustratorの講座に通い、デザインスキルを上げる
  4. 以前からやってみたかった株式投資をスタート

資格取得に使った時間は4ヵ月!|短期集中型がベスト!

私の場合、娘が8ヵ月~1歳3ヵ月の半年間に上記すべてをやりました

資格取得だけに関していうと、10ヵ月~1歳2ヵ月の4ヵ月間です。

私の場合、第一子ということもあり、産後はとにかく必死で、本を開くことすらほとんどできませんでした…(産後は読書なども含め目を使うことはよくないので、3ヵ月くらいはいずれにせよ体を急速させることに集中しましょう!)

はじめの3ヵ月はかなり頻回に授乳をしていましたし、とにかく娘が寝ない子だった・・・これが寝る子であれば、産後3か月くらいから勉強なり趣味なりできることはもう少しあったと思います。

実際、周りにそのような赤ちゃんがおり、自動で動いてくれるゆりかごの中に入ってればすいすい寝てくれる、夜もまとまって寝てくれる、お母さんはyoutube鑑賞や趣味の動画作成をしてる・・・なんて話を聞くたびにうらやましくて仕方ありませんでした。

ですが子は変えられません!

私のやり方が悪かったのかもしれませんが、とにかくお昼寝は抱っこかおっぱいでしかしない、布団におろすと超敏感背中スイッチ発動のため、授乳クッションに乗せたままスマホで育児情報を収集するか、近所を練り歩くかばかりでした。

4ヵ月頃~は1時間ごとに起きて泣くという壮絶な夜泣きが始まり、ほとんど眠れない日が数ヵ月続いたのち、意を決してネントレ(ねんねトレーニング)するまで自分の時間は皆無でした。

晴れてネントレが成功し、昼も夜も比較的まとまって寝てくれるようになってから、リストアップしていた資格取得と勉強を開始しました!

「落ち着いたらやりたいことリスト」を作っておこう!

産後の体調不良もない。あんなにつらかった1時間おきの夜泣きがない。昼寝も布団で寝てる!夜もまとまって寝てる!!

その状態になったのが私の場合、娘が8ヵ月の時でした。

それまで寝不足でふらふらになりながらも、「落ち着いたらこれやるねん~・・・」と半ば諦めがちに作成していたやりたいことリストを一つずつ着手していけたのでした。

長くなりましたが、伝えたいのは育休が1~2年あるとして、ずっと自由に時間が使えるわけではないということ。自分の体調もそう。子どもの手のかかる時期もそう。

なので、やりたいことのある方には、「今だ!」という時に全力で取り組んでほしいです。

落ち着いた時間はずっとは続かないかもしれません。(実際うちの子は、夜は寝るものの、また昼寝をするのにものすごく手こずるようになりました・・・)

なのでリミットを決めておくことも重要です!資格なら受験日が決まってることが多いのでやりやすいですね。

資格を取ってよかったこと

私は資格も勉強もやってみて、本当によかったです!

◍食品表示検定
勉強したことで、食品開発の基本は忘れずにすみましたし、仕事から大きく自分の意識が離れずにすみました。

◍イラストレーター デザイン制作
デザイン制作の技術力がつけれたことも、即役立っています。(本当は育休とか関係なくもっと早くやるべきやった!でも仕事してるときはその時間が取れなかったことも事実…)

◍TOEIC
TOEICも久々に受け直したことで英語がブラッシュアップできましたし、娘に今後どのように英語に接させていくかを考える機会にもなりました。

一緒にネイティブとのスピーキングクラスを受講したりして、娘にも刺激になったのではないかと思います。

◍株式投資
銀行に置くだけではほぼ増えなかった貯金が、なんと10%くらいの利息を稼ぐことができました。

失敗することもあるけど(コロナショックとか!!)、純粋に社会の動きとか今値上がりしている会社はどこかとか、仕事をしていく上でも新しいアンテナが張れるようになったのは予想外のメリットでした。

資格ではないけどおすすめ!

会社に報告すべき?

そして、これは職場にもよるのでしょうが、「お休みの間この資格取りました!このソフト使えるようになりました!」等とは大きい声で言わない方がよいかなと思います。

勉強したくても毎日8時間勤務していると、時間の捻出は育児と比べて難しいと思うので・・・

こっそりこんなことできるようになってます、資格のおかげで知識増えました、と思ってるくらいが良いかなと個人的には思っています。

(諸手を上げて資格取得を喜んでくださる職場もあるそうなので、そのあたりはケースバイケースで・・・)

これから取得を考えている資格

パッケージデザインをしていく上で、色彩検定を受けてみたいです。

それから商品開発士にも興味あり!商品開発、10年やってるけどちゃんと勉強したことはないので・・・

あとは単純に、興味としてメイクアップとか秘書検定とか受けてみたいなぁ。株式投資を始めたこともあり、FPも勉強してみたい!

子育てしていく上で、保育士や食育アドバイザーも受けてみたいなぁ!(食育関係の資格は仕事にも活かせそう!)

まとめ|育休は子どもファースト!

私の結論。

子どものこの時期というのは二度とありません。

たとえ2人目、3人目を授かることがあるとしても、この子の生後1か月、6ヶ月の時期というのは本当にその1ヶ月間だけ。

決して後悔しないように、子どもとの今を最大限楽しむことが育休で一番大切にするべきことやと思います!

その一方で、自分のキャリアというのはストップしたり、スローダウンしたりしつつも続いていく。

そのキャリアの先で何がやりたいのか、それを見据えつつ育休の時間の過ごし方をプラニングしたいですね。

ずっと仕事をしてきたお母さんなら、子どもと1対1で一日過ごすことが、きつい仕事や資格の勉強よりもしんどいということもあると思います。

そんなタイプの方には、逆に勉強や資格取得のための時間を作ることが、自分の精神の安定やストレス解消にもなるんかなと思います。

1年にしろ2年にしろ、二度とない限られた時間です。

充実した時間を過ごしたいですね。

そして、復職して5ヵ月経った今思うのが、資格取得や勉強できるのは育休中だけではないということ!

私はいつ娘が起きるかとひやひやちょっと落ち着かない気持ちで勉強してることが多かったので、それに比べれば通勤時間や会社の休憩時間がいかに自由かということ!

やる気さえあれば、もしかすると育休中よりも集中して勉強する時間が作れるかもしれません。

コメント

コメントする

目次
閉じる